電脳塵芥

四方山雑記

安倍首相の私邸での自由時間は多分たくさんあります

 小池晃氏の発言は品位に欠けるものであると考えますが、それはさておきこのツイートでは「総理は愛犬に会いに公邸から私邸へ戻る日曜の僅かな時を大切」と言っている。一国の総理、そして現在の危機的事態、確かに国難といって良いでしょう。では安倍首相ってそんな私邸にいる時間は僅かなのか。実態がどうなのかを首相動静から見ていきます。
 参照ページは時事通信の首相動静2月3月4月です。

◆2月
f:id:nou_yunyun:20200413193003j:plain

2月の私邸日数は20、公邸日数は9です。

◆3月
f:id:nou_yunyun:20200413200843j:plain

3月の私邸日数は22、公邸日数は8、ホテル日数は1です。なお本グラフは24時止めにしている為に3月16日はグラフ上24時になっていますが、この日の公邸着時間は24時40分となります。

◆4月
f:id:nou_yunyun:20200413230934j:plain

4月13日現在、毎日私邸に帰っています。


 以上の様に安倍首相は土日に限らずかなりの割合で私邸に帰っています。「私邸>公邸」です。なお公邸に帰った場合はその後に人が訪れますが、私邸ではそのようなことはありません。帰宅時間にしても4月を見ると20時前くらいに帰宅するのがほとんどですので犬と戯れることも可能でしょう。そもそも安倍首相の動静にある程度詳しい人ならご存じでしょうが、安倍首相は私邸によく帰る首相です
 思想信条は自由だけれど、国難のこの時期に首相の動静でデマに等しいことを言うのは如何なものかなと。