電脳塵芥

四方山雑記

韓国の「歴史教科書」とされるものの地図とか、ファンパとか、大陸史観とか


 というまとめを作ったわけですが、それのおまけ的な記事です。とりあえず、上記のまとめ記事をこちらでも手短に。

f:id:nou_yunyun:20190908180255j:plain

「韓国史」 韓国書鎮出版社 2002年

 以上の画像が韓国の歴史【教科書】であるという情報が流布されていますが、こちらは韓国の「大陸史観」系の非歴史学者の書いた【歴史書】で教科書ではありません、という話。なんだ、韓国で出ている歴史書ではないか、という声もあるでしょうが、国民教育の一環として使用される「歴史教科書」と好事家しか買わない「歴史書」、それもトンデモ系歴史書では、その意味合いは大きく違うでしょう。ちなみに日本で翻訳されている韓国の歴史教科書は以下の様に当然普通のものです。以上、手短なまとめ終わり。

f:id:nou_yunyun:20190908181244j:plain

韓国の中学校歴史教科書 中学校国定国史 2005年(明石書店

 

 ただ、こういう画像って他にも日本ネットで氾濫してるんですよね。

f:id:nou_yunyun:20190908180952p:plain

出所不明。韓国で2006年頃から出回る

f:id:nou_yunyun:20190908180937j:plain

出所不明。2006年頃から流布 ※上記「韓国史」が中国で流布した時に拡散

f:id:nou_yunyun:20190908181010j:plain

2007年頃から韓国内で流布 韓国wikiによるとファンパへの皮肉らしい

などなど。上記以外にも日本サイトで貼られている画像はまだあり、結構な氾濫具合です。いずれも時系列的な検索をすると韓国が初発な感じで、それがなぜか2006年ごろを皮切りに日本でも多く流布されているという感じになってきています。この2006年には上記の「韓国史」が中国で記事になったことや、「enjoy korea」という日本語-韓国語の機械翻訳を兼ね備えた韓国との交流掲示板の存在、ブログなどの発展などから発信者が増えて、日本でもどんどん増えてきたのかなとという感じかなと。

 

 さて、韓国にはファンパ(환빠)という言葉があるらしい。

ファンパ

意味:国粋主義的な歴史観を持つ人を卑下した言葉

解説:韓国で国粋主義的性向の在野史学を卑下して使う言葉、このような歴史観を持つ人々を集団的に称するときファンパ(환빠)と呼び、性向を意味するときはファンポン(환뽕)、またはファンドク(환독)という。

ファンパという言葉は、韓国の在野史学で韓民族朝鮮民族)の過去の歴史を語るときに根拠とする『桓檀古記(환단고기、ファンダンゴギ)』に由来する。つまり桓檀古記の内容を非常に信頼して韓民族の初代国家である古朝鮮の領域は黄河以北の大陸全般をカバーしていたと信じている。

また、高句麗新羅百済の領土も古朝鮮に次ぐほどだとしており、以後、衰退を重ねて朝鮮に至って、朝鮮半島に限定されたと主張する。

もっと!コリア ※引用元サイトではもう少し続きます。

f:id:nou_yunyun:20190908202742j:plain

ユン・スンウンの漫画の一部より 

 簡潔に理解してしまえば檀君神話に基づき領土はもっと広く大陸まであったんだ、というものでしょう。当然、上記の各イメージも韓国ではファンパ系サイトで多く用いられています(少なくとも古い時期のは)。私はハングルを読めないので文の確認は自動翻訳でですが、輝かしかった過去を誇るというか、日本でも時折みられる「歴史の真実」に気づいた方々を彷彿とさせるような内容で書かれています。ただこれらは「ファンパ」という言葉があることからも、韓国内では主流ではなくトンデモと目されていると捉えるのが吉かなと。上記のユン・スンウンの漫画を紹介している韓国サイトではこの漫画家が「類似歴史に感染した」という感じの書き方及び、日本でいう歴史修正にかぶれて残念がられる漫画家と同じように悲しみを表すコメントが確認できます。つまりはそういう扱いの史学なのでしょう。

※ちなみにこれはたまたまなんですが、ファンパに陥ったことがあるという告白をしていたブログがゲーム、アニメ系で、なんか世界的にそういう類似の現象あるのかと……。ファンパを広めたマンガか小説的なものがあるらしいですが。

※2000年代はかなりいたが10年代後半から曲がった愛国心批判の隆盛により数は減ったという(韓国のwikiから)

※どこまで本気かはわからないけど、漢字、キリスト教儒教、シュメール文明etcの韓民族起源説があるらしい

 

 これのファンパを恐らくちゃんとした名称でいうと「大陸史観」となるのだと思う。大陸史観とは、

朝鮮の大陸史観(ちょうせんのたいりくしかん)は、朝鮮民族の歴代国家またはその主要活動領域を、朝鮮半島だけでなく満洲、または渤海湾付近と山東半島、中国本土の東海岸まで拡張する歴史観である。

wikipedeia 朝鮮の大陸史観

 wikipedeaからの引用となるが(他に引用できる媒体がない……)以上の様になる。日本のwikipedeiaにはないが、韓国のwikipedeiaでは”南・北の歴史学界では、このような主張を認めていない。”ともあり、決して主流ではない考え方だろう。高句麗百済新羅などの国が中国大陸にあったという「大陸三国説(高句麗大帝国説、大陸百済)」や朝鮮は中国にあった「大陸朝鮮説」など、素人からしても違和感しかない説であり、重ね重ね素人からしても決して主流にもならない史観だろう。一番最初に紹介した「韓国史」もこの大陸史観による本なのは想像に難くない。

 

 日本で以上の様な地図に類するものが貼ってあったならば9割9分9厘それはファンパ、大陸史観系の地図だ。韓国の歴史教科書でもなければ、韓国の主流の考え方ではない。韓国の曲がった愛国心国粋主義者が考えた妄想的地図だ。たとえそれが実際に韓国で作成された妄想地図であろうが、それを日本人が韓国人の「一般的」考え方であるかのように流布するのはデマゴギーだ。

  にしても韓国の国粋主義者が作ったものが日本の嫌韓に利用されてる現状は結構なひどい状況だと思う。

 

 

検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)

検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)