電脳塵芥

四方山雑記

岩手の蘇民祭が終了した理由は単純な担い手不足であり、2008年のポスターも関係ない


https://twitter.com/KomeiT2/status/1758850124170838306

 このキャプチャはTBSの「7daysニュースキャスター」放送のもの。2月17日に最後の蘇民祭があることから特集及び中継などが行われる。まず、komei氏の投稿内容だと「意識の高い人」が祭りを終わらせようとしたと読める内容になっている。ただし、この論旨から逃げられるように続く投稿で「補足」として「因果関係は不明」とはしている。しかし、そもそも祭り終了の理由は妙見山黒石寺自体が次の様に述べている。

令和7年以降の黒石寺蘇民祭について
令和7年以降の黒石寺蘇民祭については、実施しないこととなりました。
その理由は、現在祭りの中心を担ってくださっている皆様の高齢化と、今後の担い手不足により、祭りを維持していくことが困難な状況となったためです。 今後可能な限り祭りを継続することも検討しましたが、祭り直前での急な開催中止等、多くの皆様にご迷惑をかけかねない事態の発生を防ぐため、祭り自体を行わないという判断に至りました。
これまで長きにわたり、黒石寺蘇民祭の護持にご尽力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。
また、蘇民祭を楽しみにしてくださっている皆様におかれましては、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

一言で言ってしまえば過疎化といえる。奥州市の人口集計によれば該当地区であろう黒石の2008年(平成20年)年の15~64歳の男性の人口は392人、それが2023年集計は210人にまで減っている。実際は「黒石」地区だけが参加するわけではなく周辺地区も参加するのだろうが、それでもテレ朝の記事によれば黒石寺の蘇民祭関係者は「地域の人口は885人。その半数が65歳以上の高齢者」と言っている。他地域からの参加も出来るようだが、それでも祭りを維持できる人間の数が地域にいないという事なのだろう。そしてそれは番組でも説明している事がわかる投稿は存在している。komei氏が途中で見たから該当部分を見ていなかった可能性もなくはないが、とはいえ「意識高い人たち、伝統壊すの得意すぎる」などと言うのはデマを流しているに等しく、意識が低いとか高いとかいう問題ではない。そもそもの話、2008年のポスター問題は「意識の高い人たち」という話よりも、JR東日本がポスター掲示を拒否したというものであって張り出されたポスターにクレームが来たのではなく、JR東日本による事前審査によって断られたという話だ。

岩手伝統の裸祭りポスター 「きわどい」とJR東日本が拒否(AFP 2008年1月9日 )
千年の歴史がある「裸祭り」の伝統が、時代の変化の壁に阻まれた。JR東日本(JR East)が、岩手県奥州市に伝わる伝統行事のポスターを「不快感を与える」として掲示を拒否していたことが明らかになった。
(略)
同地域担当のJR東日本盛岡支社は、ポスター掲示がセクハラにつながるかもしれないと判断したという。同社広報室は「駅はいろいろな人が利用する。このポスターのデザインに不快感を持つ人も出てくる可能性は高い」としている。銭湯や温泉がある日本でも、公衆の面前で裸になることはますますタブーになりつつある。

 

祭りポスター:JR東が「待った」…女性が不快感毎日新聞 2008年1月8日)
岩手県奥州市の黒石(こくせき)寺で繰り広げられる伝統行事、蘇民祭(そみんさい)の観光ポスターを市が駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本から待ったがかかった。「男性の裸に不快感を覚える客が多い」というのが理由だ。数十年作製しているポスターの掲示拒否は初めてで、市は枚数を200枚減らして1400枚とし、駅で張れない分は市内や首都圏で張るという。

以上の様にJR拒否話がマスコミやワイドショーなどに報じられて一気に「話題」となる。クレームが来てからの掲示を取りやめたならばともかくとして、またこのJRの対応の是非についての話ならば成り立つが、果たしてこれを「ネガキャン」、そして「一部の意識の高い人たち」につなげるのはいささか発想が飛躍しすぎているように思える。「ネガキャン」という意味では以下の様な「ネット民」がオモチャ化した方が「ネガキャン」ともいえる。


http://riceballman.fc2web.com/AA-Illust/Data/HadakaMaturi.html

もっといえばポスターは2008年の話題で、今2024年ですよ……?



■お布施用ページ
note.com